スウェーデン式サウンディング試験

スウェーデン式サウンディング試験は、戸建て住宅の地盤調査で最も多く行われている調査方法です。先端がスクリュー状になった鉄の棒を、回転させながら地盤にねじ込ませ、地盤の固さを判断するものです。

測定点 3~5点
調査深度 10m程度
取得データ 載荷重Wsw、半回転数Nsw
結果の利用 換算許容支持力 換算N値

 

スウェーデン式サウンディング試験

特徴

メリット

●試験装置及び試験方法が容易

●敷地内で複数観測できる
 (軟弱層の平面及び断面分布が把握できる)

●コストが比較的安い

デメリット

●土質や水位の把握が難しい

●堅い地層は貫入不可

●周面摩擦の影響を受ける